tracker

SM・変態・レイプ

出会い系サイトで知りあった人妻はレイプ遍歴があるマゾ人妻だった!

更新日:

人妻温泉レイプ01

とある出会い系で知り合った人妻なんだがOLで結構エロいのだが、この人妻がなんか妙にマゾ気質な性格で、彼女とのセックスプレイ中も緊縛プレイ、SMプレイを要望することも多く、どうやら過去に上司からの半レイプ体験を受けたことも‥

 

SMという言葉に興味を持っている人は多いんじゃないでしょうか?なんとなく興味はあるけど誰にも聞けない、口に出せない・・・・。

 

性に対して興味津々だった学生時代も平凡でこれといってインパクトの強い性体験もしたこともなく、学生時代を過ごし、腰掛けで就職しました。

 

しして、ありきたりですが、職場結婚、寿退社と、王道な路を歩んでいきました。結婚生活も平凡なものでした。

 

燃え上がって盛り上がって結婚したというかんじでもなかったので、新婚生活もこれといったこともなく、「早く赤ちゃんがほしいね」「一軒家に住みたいね」といった、漠然とした希望をもった程度でした。

 

その後、二年後に子供を授かり、それから3年目には長期のローンを組んで、小さな建売を購入したのが、我が家の最大のイベントだったのかもしれません。

 

子供が小学校に入学してからは、私は家計の足しにとパートを始めました。そこは小さな会計事務所で、所長と税理士が3人、事務は私一人しかいない所でした。

 

しかし、人間関係に悩まされることはなく、私は淡々と自分の仕事をこなしていればよく、他に女性もいなかったので、お茶くみなどの雑用も任されていました。

 

腰掛けOLだった私ですから、お茶汲みを頼まれても不愉快な気分になることもなく、むしろ率先してお茶を入れていました。

 

職場の居心地が良かったのと、近所なので通勤も自転車で十分程度、しかも時給も良かったこともあって、私は仕事をやめることもなく、現在もパートを続けています。

 

ただ、ひとつだけ、いつも残念に思うことがありました。アットホームなじむしょだったので、年に一度、一泊で慰安旅行に行く習慣があるのですが、私は子供がちいさかったので、誘われても参加できずにいました。

 

しかし、二年前にやっと参加することができたのです。それは子供が高校生になっていて、一泊ぐらいで母親が出かけても心配することがなくなったからでした。

 

夫も、快く「めったに旅行なんて行けないんだから、行ってくるといいよ」と言ってくれたのです。勤続十年で、やっと参加できた慰安旅行でした。

 

私はまるで遠足に行く前の子供のように、カレンダーに赤丸をつけて、その日が来るのを心待ちにしていたのです。行き先は鬼怒川温泉でした。

 

毎年、近場の温泉へ行き、飲んで、食べて温泉に浸かって・・・といったパターンでした。慰安旅行ですから、ましてや、おじさんばかりで行くのですからそうそう豪華な旅行なんて期待できません。

 

私は結婚してから、旅行らしい旅行も行っていなかったので、鬼怒川温泉だってとっても嬉しかったのです。浅草から電車で鬼怒川温泉駅に行きました。

 

電車の中から、所長をはじめ、税理士さんたちも缶ビールを飲んでいました。わたしも進められるがままに缶ビールを飲みました。

 

普段はあまり、お酒を飲まない私は、昼間からのビールに、一本で軽く酔いが回ってきました。

 

駅に到着すると、ホテルの送迎車が待ち構えていて、すぐにホテルに連れて行ってくれました。想像していたよりも立派なホテルで驚きました。

 

一応、女性は私一人だったので、小さめの客室を別に用意してくれました。「それじゃあ、少し休憩して、温泉にでも浸かってよ。沢村さん。食事はホールで六時だから、それまではゆっくりしてて」所長はそう言って、自分たちの部屋に入って行きました。

 

時計を見ると午後四時を過ぎたばかりです。(二時間あるから、のんびりお風呂に入ってこよう・・・)私は自分の部屋に入り、荷物を置くと、備え付けの浴衣に着替えました。糊がきいてて、パリパリとした感触が素肌に心地よく感じました。

-SM・変態・レイプ
-

Copyright© 人妻ツーショットダイヤル体験談 , 2019 All Rights Reserved.